高橋ヒロムの「IWGPジュニアタッグ」再挑戦に乗り切れない理由

高橋ヒロムの「IWGPジュニアタッグ」再挑戦に乗り切れない理由について書きたい。 いやまぁ、シンプルに一言で終わる話なのだが、前回(約1ヶ月前)の「IWGPジュニアタッグ選手権試合」で金丸義信選手に完璧にやられたからである。それも2度も。 2020年9月11…

YOSHI-HASHIとDOUKIの物語。『NEVER6』過去最高の輝きに

YOSHI-HASHIとDOUKIの物語。『NEVER無差別級6人タッグ』過去最高の輝きに。 人の優しさ、仲間への気持ち。今、新日本プロレスで最も輝いているベルトは「NEVER6無差別級6人タッグ」なのかもしれない。 このベルトをキッカケに人生で初めてチャンピオンになっ…

ゲイブリエル?キッドがオカダ?カズチカの隣に立つ日

ゲイブリエル?キッドがオカダ?カズチカの隣に立つ日がやってきた。 灼熱の秋が終わり、早くも新日本プロレスは次のステージへと戦いの場を移そうとしている。 2020年10月23日。今日は、第一試合ではなく第二試合に登場するヤングライオンに注目してみたい…

グレート-O-カーンのTwitterに感動

グレート-O-カーンのTwitterに感動したので、今日はその話を。 僕のコラムをよく目を通している方は何となく感じていると思うが僕は同じネタ基本的に連投しない。 同じレスラーについて言及するにしても、大体3日以上は空けるようにしている。 理由は簡単で…

二冠戦問題の答えと飯伏幸太だけができる仕事

二冠戦問題の答えと飯伏幸太だけができる仕事について書いていきたい。 内藤哲也選手VS “キング?オブ?ダークネス”EVIL選手による3度目の「IWGPヘビー級&インターコンチネンタル」ダブル選手権試合を新日本プロレスが発表した。 ただし、新日本プロレスの…

高橋裕二郎の一勝、俺たちのグレードワン。

高橋裕二郎の一勝、俺たちのグレートワン。今の時刻は2020年10月19日の21時38分。仕事帰りの電車の中で書いています。 いつ書こう、いつ書こうと思って数日。今しかないと思って筆を取りました。 飯伏幸太選手の2連覇で幕を閉じた「G1クライマックス30」。ま…

「THE EMPIRE」グレート?オー?カーンの圧倒すぎる魅力

「THE EMPIRE」グレート?オー?カーン(グレート-O-カーン)の圧倒な存在感と魅力について書いていきたい。 まず、“ドミネーター”グレート?オー?カーン選手の最も規格外な点から触れてみよう。 それは、グレート?オー?カーンという名前で凱旋帰国を果た…

SANADAが足4の字固めでG1を制すか?

SANADAが足4の字固めでG1を制すか? 2020年10月17日。かつてのパートナーを破り、初となる「G1クライマックス」覇者へ王手をかけた“ロス?インゴベルナブレス?デ?ハポン”のSANADA選手。 対角線に立つのは“神を目指す男”飯伏幸太選手である。 単純に勝敗予…